NHKスペシャル「見えない“貧困”~未来を奪われる子どもたち~」

NHKスペシャル「見えない“貧困”~未来を奪われる子どもたち~」を観ました。
もったいないばあさんのワールドレポート展の会場で講演をさせていただく際に時々、「世界の子どもたちのことだけではなく、日本の子どもたちのことも伝えてください」と言われることがあります。もちろん私も気になっています。各地で開催されている子ども食堂や子どもたちの安全と安心を守る地域の活動を自分もしたい、もしくは応援していきたいとも思う。
「自分が住む町を子どもたちが安心して笑顔で暮らせる町にするために、一人一人が自分にできることをすればいい。そうすれば、誰もがその町に住むことを幸せに思うじゃろう。そういう町が広がっていけばええんじゃよ」ともったいないばあさんも言っています。防犯パトロールやゴミ拾いや、絵本の読み聞かせ活動だって心を育て笑顔を増やすということになると思う。一人で一回ですぐ全部解決なんてできないけど、一人一人が集まって努力すれば、世界も社会もきっと良くなると信じたい。希望がないと生きるのがつらいから、あの子たちが希望を持てる社会にしていかねばと思う。

もったいないばあさんのワールドレポート展は、今世界で何が起きていて、それが日本で暮らす私たちとどう関わっているのかを伝える展示会で、登場する世界の子どもたちは相対的貧困ではなく、絶対的貧困の中に暮らす子どもたち。
貧困の種類は違うかもしれないけど、貧しさと格差から将来に夢が持てなかったり、さまざまな問題にまきこまれ、子どもたちの安全がおびやかされているのは同じ。子どもたちは、国の、世界の未来を作っていく人たちだから、日本の子どもも世界の子どもも大事に考えていかないとと思う。

●2017年2月15日(水) 午前0時10分再放送
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586894/
NHKスペシャル「見えない“貧困”~未来を奪われる子どもたち~」
子どもの6人に1人が「相対的貧困」と言われる日本。しかし、具体的に何に困り、どういった支援が必要なのか明らかにされてこなかった。今年度、自治体や国が初めて大規模調査を実施。調査から「新しい服が買えない」「アルバイトで家計を支えている」など具体的な状況が初めて可視化された。「見えない貧困」の実像に迫り、子どもたちにどのような支援が必要なのか、解決の道筋を探る。

ある国・地域の中で平均的な生活レベル(獲得収入)よりも著しく低い層・個人を貧困と呼ぶのが「相対的貧困」、国・地域の生活レベルとは無関係に人間が生きるのに必要な最低限の衣食住を満たす生活水準以下の層・個人を貧困と呼ぶのが「絶対的貧困」の概念だそうです。

読売新聞夕刊KODOMOサタデー「いちまいの絵本」

IMG_0986

12/10(土)の読売新聞夕刊KODOMOサタデー「いちまいの絵本」にお話を書かせていただきました。
「においあてっこ」真珠まりこ作・絵

息子が低学年のころ、学童からの帰り道、よくにおいあてっこをしながら歩きました。
ちょうど晩御飯のしたくをする時間、あちこちからいい匂いがしてきます。
どんなおかずなのか、匂いだけで結構わかるもの。
中をのぞいてみたことはないけれど。匂いはごちそうだなと思いました。

おたからパン書評

2016/8/21 産経新聞書評欄にて、「おたからパン」をご紹介いただきました。書評をいただけるのとってもうれしいです☺️

IMG_0267

7/3−4富山へ

とやま絵本ランドでもったいないばあさんのおはなし会をして、高岡の小学校でさんぽのきを歌いました♪

とやま元気ワールド絵本ランドひとつめの会場、大島絵本館に来てくれたおじぎちゃんと、
おじぎちゃん作もったいないばあさん♡
胸につけてると、みんな「わあかわい〜」って言ってくれる☺️ありがとうございました💕
絵本ランドは、中川ひろたかさん、黒川みつひろさん、高畠那生さんのイベントなどもあり盛りだくさんでした。主催の富山新聞さんの記事も>>

IMG_0064 CmcdvxpUEAARnhb.jpg-large IMG_0070

富山の語り部、やえもん文庫の神保さんと山本さんと、美味しいものもたくさんいただきました。
今回も本当に本当にたくさんお世話になりました(_ _)♡

IMG_0065

翌日の7/4は、高岡市の戸出西部小学校へ。
6年生の皆さんとチャリティー絵本&ソングの「さんぽのき」を歌いました。
神保さんが企画してくださり、4年前2年生だった時にステージで一緒に歌ってくれた子どもたち。
久しぶりの「さんぼのき」は、やっぱりぐっときて、ほんとにいい歌だなあと思いました。
魅惑の音楽団の演奏やっぱりすごくいい。最高♪
こちらも富山新聞と北日本新聞でご紹介いただきました。

記事7・4北日本新聞

戸出西部小学校の給食*揚げ出し豆腐のごまだれかけ、小松菜とキャベツのおひたし、太きゅうりのそぼろ煮。

IMG_0066
学校で手作りされていて、地元のお野菜がたっぷりヘルシー。
見た目は地味に見えるかもしれないけど、すごーく美味しかったです。
こんなごはんが毎日食べられるなんてラッキーですねというと、
校長先生が「そう思います。この素晴らしい給食を地域の人にも提供できたらいいなあと思うんです」とお話されていて、グッドアイデアだと思いました。栄養のバランスが考えられて美味しい健康的な地産地消給食が食べられる、給食食堂ってすごくいいんじゃないでしょうか。もったいないばあさん日記に書いてみようと考え中。

富山のみなさん、ありがとうございました!

第25回けんぶち絵本の里大賞授賞式

「もったいないばあさんのてんごくとじごくのはなし」が第25回けんぶち絵本の里大賞をいただき、2/21北海道剣淵町での授賞式に伺いました。大賞をいただくのは4回目。びばからす賞を入れると5回目の受賞となりました。

windybooks_s-9784061325869  IMG_0662

みなさんがもったいないばあさんのことを覚えていてくださり、本当にうれしかったです。
「てんごくとじごくのはなし」には、自分さえよければと思わず分け合う気持ちがあれば平和な世界ができるという、もったいないばあさんからずっと伝えてきたメッセージが込められています。今の時代にたくさんの方に読んでいただけたらと思います。

IMG_0706 IMG_0703
授賞式では、参加のみなさんと音頭も♪

絵本の館の雪像の前で記念撮影↓
びばからす賞、アルパカ賞を受賞されたのは、
『へいわってすてきだね』(ブロンズ新社)安里有生さん、長谷川義史さん
『トラネコとクロネコ』(すずき出版)宮西達也さん
『しんでくれた』(佼成出版社)谷川俊太郎さん、塚本やすしさん
『ふしぎなにじ』(福音館書店)わたなべちなつさん です。

12528271_517835528397120_1522612132_o

絵本の館で読み聞かせ&翌日剣淵の小学校では、4年生のクラスで特別授業をさせていただきました。
IMG_0748 12751696_542142485949072_157322737_o 12769452_751494324987631_6058309_n
わたなべちなつさん、授賞式司会の野田英里さんと。

IMG_0763 IMG_0757 IMG_0752
帰る前に旭山動物園へ。お母さんより大きい子どもペンギン^^いつみてもラブリー。
講談社&絵本日本プロジェクトの皆さんと。しろくまの前で宮西さん、塚本さんと。

バタバタしてていっしょに撮影できなかった方もたくさんおられましたが、剣淵の皆さん、来てくださった皆さま、本当にいろいろすべてありがとうございました。感激の2日間でした。

授賞式の様子がNHKのニュース(北海道内)で放送されHPで公開されています。お恥ずかしいけどよかったら。。公開は1週間程度だそうです。

http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20160222/3034251.html …
12772948_542142445949076_106478589_o

インタビュー@AERA with Baby

いま発売中のAERA with Baby 8月号
にインタビュー記事を掲載いただきました。
ちょっとはずかしいですが、機会がありましたらのぞいてみてください。
大好きなせなけいこさんがお隣に…^^♡
「ねないこだれだ」は、息子が2歳の時暗唱するほど読んでいました。
同じ号の中で、ロング&ベストセラー絵本88に、ブックハウス神保町の荒木さんが「もったいないばあさん」を選書してくださいました。うれしいです。ありがとうございました(_ _)♡

11754255_653233434813721_3120821570617740412_n

 

新聞之新聞インタビュー記事

新聞之新聞という新聞に、ロングインタビューを掲載いただきました。
2015/5/13掲載
こどもの読書週間特別インタビュー

20150515_090727

読売新聞日曜版オンリーワン

読売新聞日曜版オンリーワンのコーナーで
私ともったいないばあさんのインタビュ―記事を掲載いただきました。
記者さんが2時間もみっちり話を聞いて書いてくださいました。
御紹介いただきありがたいです。
2015年2月8日(日)読売新聞日曜版掲載

2015:2:8読売日曜版オンリーワン

記事を書いてくださったのは鳥居晴美さんでした。
ありがとうございました!

FM横浜 THE BREEZE「声のアトリエ」

ラジオ番組の収録がありました。
せっかくの放送もう忘れることがないように、今日書きます。
★FM横浜 THE BREEZE
朗読をテーマにした安らぎの時間「声のアトリエ」のコーナーに
ゲスト出演させていただきました。
放送は、2/19(木)AM11:05〜
新刊絵本「もったいないばあさんのてんごくとじごくのはなし」プレゼント企画(写真)もあります。よかったら聴いてくださいね♪どうぞよろしくお願いします。

20150205_151354 20150205_151137
番組ディレクターの安間さんと♪

収録のあとお茶を飲んでいたカフェで、乙武さんにばったり。
この広い東京砂漠で偶然になんて、なんて運がいいのでしょう。
もったいないばあさんのツイッターを始めた頃、どうやってフォロワーさんを増やしていけばいいかなやみなやみしていた時に、乙武さんが「もったいないばあさんは担任をしていたクラスの学級文庫で人気でした」と紹介してフォローしてくださり…当時乙武さんのフォロワーは22万人、今や68万8000人。もったいないばあさんをフォローしてくださる方もそのとき一気に増えました。その節は大変お世話になりました。ずっと感謝しています。

学校図書館速報版

学校図書館速報版2/1号にインタビュー記事を掲載していただきました。

80

この記事を書いてくださったのは、この本の作者、葦原かもさん。
今から読もうとしています↓ おもしろそう♪

Unknown
「まよなかのぎゅうぎゅうネコ」
葦原かも(著)武田美穂(絵)2014 講談社
amazonより>>
第54回講談社児童文学新人賞佳作受賞作『トミエさんの真夜中ものがたり』を改題、刊行いたします。葦原かも氏は新人ながら、同人誌等でのキャリアも長い実力派作家です。
ひとり暮らしのトミエおばあさんが夜中に出会う、ちょっと不思議な四季の物語。どこかなつかしい、ほっとするファンタジー。