もったいないばあさんアメリカへ?!

#OnigiriActionを開催し、アメリカの子どもたちに、和食の紹介から食育のプログラムを広める活動をされているTable for Twoアメリカの代表・Mayumi Uejima-Carrさんから、もったいないばあさんの絵本を活用してくださっていることご報告いただきました。うれしいです^^*
食育がほとんどないと言われるアメリカでも、食べること、そして食べものを大切にすることが広まってほしいと思います。

***

以下、Mayumi Uejima-CarrさんのFB記事よりご了解を得てコピペ→

#OnigiriAction フィナーレは日本大使館の皆様と一緒にワシントンDCの公立小学校でワークショップを開催!今回はおにぎりアクションと合わせて@Mariko Shinjuさんのベストセラー「もったいないばあさん」も紹介し食料廃棄の問題と小さな一歩で何ができるかも学びました。その後生徒たちは”Mottainai~”と言いながらお皿に残ったご飯粒を食べてました。もったいないばあさん効果絶大です:)
Our finale event of #OnigiriAction was held at a DC public school as part of the Japanese Embassy’s “Embassy Adoption Program”. They learned about onigiri and the “Mottaina -don’t be wasteful” concept. Mottainai Grandma book was a hit!

   

Category: 未分類

福岡へ

2017/11/18(土)

福岡県筑紫野市では、文庫や読み聞かせのボランティアなどをされているはらっぱの会の皆さんが、筑紫南コミュニティセンター内の図書館を運営されていて、その10周年のお祝いにおはなし会をさせていただきました。それぞれの得意分野を生かし助け合って活動されているはらっぱの会のみなさん。生き生きして楽しそうで、すごくいいなあと思いました。絵本が好きなこどもたちがたくさん来てくれて、喜んでいただき、私もうれしかったです。

 
図書館内にコーナを作ってくださり✨    本のアンケートも✨

 


はらっぱの会のみなさま、お世話になりました♡

 

 

前の日11/17に福岡の子どもの本専門店エルマーさんへ。前園さんとひとりん、よっこちゃん、てっちゃん、そして、たまたま来ていた東京の編集者春香ちゃんと。太宰府の観音寺にご案内いただき、おかげで副ご住職に仏様と印の興味深いお話を伺うことができました。本当にありがとうございました。

 
そのあと、又こうたくちんと2年くらい前に行った雑餉隈という福岡のディープな街の昭和なお店へ。あまりにも味があって、最初に行ったあとあのお店は本当にあるお店だったのかなあという不思議な感覚でしたが、2年前と同じ席に同じ人たちがまたいて安心しました。

 

 

2017/11/19(日)
芦屋町図書館にてもったいないばあさんのおはなし会
この日もたくさんの方が来てくださいました。

実は前の日のおはなし会終了後から急に声が出なくなり、夜に一度回復したかのように思えたのですが
朝起きて声がまた出ず、いまだかつてないくらい動揺しました😭どうなるかと思いましたが、
みんなちゃんと聞いてくれて、喜んでくださり。。必死の思いが伝わったのでしょうか。。
皆さんめちゃくちゃやさしくて泣きました😭ほんとにありがたかったです。
図書館のボランティアの方にも本読むのお願いして助けていただき、もしかしたら、それはかえってよかったかなあ。
私がひそひそ声で話すので、子供たちもひそひそ声で答えてくれて、おもしろかわいかったです。
人の温かさ、優しさが身にしみた福岡の旅でした。。。
みなさん、本当にありがとうございました。お礼にまた絶対伺わせてくださいね。

 
芦屋町図書館のみなさんと。おべんとうバスの写真コーナーも✨
芦屋町のゆるキャラ・アッシー✨茶の湯で使われる有名な芦屋釜くんだそうです。

 


エルマーの前園さん、2日間本当にお世話になりました♡

 

Category: イベント

まりこの部屋 vol.2

2017/11/9 原画展開催トークイベント「まりこの部屋」vol.2


ゲストの妖怪絵本作家・加藤志異さんとかぶりもの遊び家・品川泉さんと始まる前に記念撮影。トークイベントは満員御礼のお客様2階ホールで開催しました。

加藤くんがなぜ妖怪になりたいのか、何をしたいのかようやく序章的にわかってきました。本の最初の部分を読み終えた感。会の後加藤くんから、それトークで話したらよかったやんということを伺いました。それは…
「情熱はうつるんですよ」
そう、なぜ加藤くんの話をきいたら自分も頑張ろうと思うのか、なぜ加藤くんの話を他の人にも聞いてもらえたらと思ったのか、その理由はこの一言だと思う。
昨日の皆さんにも、情熱うつりましたでしょうかね^^

品川さんの創作落語「ゆめねこ」も素敵でした
絵本が落語になると、こんなふうに!
ゆめねこのストーリーを大事にしていただきながら
今風ご自分らしい話芸をもりこみ、ご披露くださいました。
品川さん、加藤くんも、本当にありがとうございました

Category: イベント

東神楽町へ

2017/11/3(金祝)
北海道東神楽町にておはなし会と講演会をさせていただきました。
東神楽町図書館の丸いホールで

 
絵本にこめた思い、絵本の力だと思うことなど、お話させていただいたあと、
絵本のおはなし会♪

 

 
教育長の水野さんが、「もったいないばあさん まほうのくにへ」マジマジさんのセリフを読んでくださいました。
図書館でみなさんと音頭でぱちり。

前の日夜、東神楽町の皆さんとお食事会のお店で
吉田類さんの「北海道ぶらり街めぐり」という番組の撮影がありました。
1/2に道内で放送されるそうです。


山本町長さん、水野教育長さん、札幌国際大学の増本先生、東神楽町教育委員会のみなさんと、吉田類さんと
地元の名店、居酒屋「りしり」の前で記念撮影🍻
とてもおいしくて楽しくて、うれしい出会いあり、ありがとうございました。
東神楽町がとりくまれている、絵本での子育て支援が広まり、絵本を楽しんでくれるご家庭がたくさん増えますように願っています。

朝起きたらまっ白でびっくり!

 

帰る前に、旭川の児童書専門店・こども冨貴堂さんへ♡大変お世話になっております。
 
こども冨貴堂の土井さんが富山から旭川にお引越しされた神保さんのおうちにも連れて行ってくださいました。ありがとうございました♡毎日とても楽しそうでいいなあ☺️

お隣のGalleryプルプルでは、あべ弘士さんの原画展「とらのまき」開催中〜
あべさんがワークショップで作られたお面をかぶって撮影OKとのこと。
原画も展示の工夫も、トラもしっぽも、かっこよくてすてきです。12/24まで。

 

冨貴堂さんで堀川真さんの子育てまんが「たぶんなんとかなるでしょう」買いました。
面白〜い^^*/ 堀川さんのあったか〜いパパぶり拝見できて、なんだかほっこり癒されました。
あべ弘士さんと寺沢さんの動物親子とっておきの話、親子のネイチャーマガジン「ケイマフリ」創刊号
いまから読ませていただきます!

 


さとみさん、れなちゃん&るなちゃん、かわいいお土産ありがとうございました♡

Category: イベント

まりこの部屋 vol.1

2017/11/2(木)原画展開催中のブックハウスカフェにて、宮西達也さんをゲストにお迎えしての
トークショー・まりこの部屋 vol.1を開催しました。
ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。
アメリカでの講演ツアーを終えて、ご帰国されたばかりのところ来てくださった宮西さん♡
日本だけでなく海外でご活躍の様子をとても興味深く伺いました。
なぜ宮西さんの作品とお人柄が魅力的なのか、私もまた心でわかった気がします。
お話できて、もうほんとにほんとにうれしくて、楽しかった〜^^*/
今日は全員で記念撮影するの忘れましたが、とてもたくさんの方が来てくださいました。

Category: イベント

亘理町へ

 
2017/10/29亘理町立図書館でもったいないばあさんのおはなし会をさせていただきました。
雨の中とてもたくさんの子どもたちが来てくれて、みんなの元気なお顔に会えて、ものすご〜くうれしかったよ。

 

 
亘理町立図書館の斎藤館長さんマジマジさん。  もったいないばあさんも!

 


笑顔広がれプロジェクト&ふじ幼稚園さん、おはなしの会あんころもちのみなさんが、「ひまわりおやくそく」を手話付きで歌ってくれました。津波で亡くなったひなのちゃんのお父さんとお母さん、ふじ幼稚園の園長先生が作られた歌です。あれから7年が経ちました。めったに会えないけど、同じ時代をともに生きて、時々笑顔で会えたらいいなと思います。

 

 
ちぎり絵でもったいないばあさんや折り紙の指人形など、素敵に飾り付けも何もかも
本当にありがとうございました。

 


震災のあと、さんぽのきプロジェクトから絵本と本棚をプレゼントさせていただいた荒浜保育所のお子さんたちにも再会。当時園児だったお子さんたちが6年生の女子に成長して…
仮設から新しいお家に移るときも本棚を持っていってくれたとのこと。感激でした。また会おうね。

 


笑顔広がれプロジェクトの皆さん

 

  
安達魚店のはらこめしいただきま〜す✨ふじ幼稚園の園長先生お手製いちじくのデザートや甘酒も
あたたかいおもてなしいただき、おなかも心もいっぱいに☺️

 


ひなのちゃんのお母さんひろみさんが作ってくれた、かんざし模様の髪留め♡
亘理町には、着なくなった着物で袋を作り、そこにお米を入れて人に贈るというももったいない文化があるそうです。
このかわいいぼんぼりがついたカバンにお土産も、ありがとうございました^^*

Category: イベント

青森〜盛岡へ

2017/10/28
青森県の鶴田町でおはなし会と講演会をさせていただきました。
主催の方からいただけると思う写真がまだなくて、スマホで撮った写真メモリ。あとで追記予定です。
初めての青森。初めての津軽平野、岩木山、津軽富士見湖と鶴の舞橋。
空港から鶴田町に来る途中、畑になにやら首の長い白い鳥がたわむれていて、あれもしかして白鳥ですか?ときくと、「そうです。残りの稲穂をついばんでるんですよ。白鳥わりと米すきみたいです」と笑。3月には雪解けの田んぼでついばむため首をつっこむので、首から上がどろだらけ白黒二色になるんですっって。

 

 
ホテルの部屋からも、鶴の舞橋が綺麗に見えました。吉永小百合さんのJRのポスターの場所。
津軽富士見湖に光る朝陽。

 


朝9:30からのおはなし会〜町内外から来てくださった皆さま、ありがとうございました!
会場のホール天井に、丹頂鶴!

 


東京から青森に移住した小森さんが来てくれました。お子さんたちもゆったりした青森での生活に馴染まれて、とても楽しく暮らしているとのこと。よかったよかった。いつか不老不死温泉も一緒に行こう!

 


前の日の夜、鶴田町教育委員会のみなさんとお食事へ。
その土地でしか食べられない美味しいもの、釣りたてのヤリイカ、掘りたてのにんにく、
はたはたのたまごの煮付け、ケのしるなど、教えていただきました。
写真は、ヤリイカ、風邪ひきさんにいい貝の味噌焼き、かぶと干し鰊のお漬物。青森の名酒豊杯と


ケのしるは、教育委員会の山下さんが朝作って持ってきてくださったおふくろの味(山下さんは男性ですが)。
賽の目に切られた盛り沢山の具材は、いっぱい作って冬の間外に出しておいて、
必要な時にとってお汁の中に入れるかんじだそうです。大豆を砕いたものが入っていて、おいしかったです😋

 

帰る前に、道の駅でここでしか食べられないというりんごをいろいろいただいたり、
ねぶたの家ワ・ラッセでもったいないばあさんがねぶたになったら、、なんておしゃべり😚
それにしてもあんなにずっと跳ねて踊れるなんて、祭りの人たちってすごいなあと思いました。

 


千雪という名のりんご。皮にてんてんが入っている真っ赤なりんごで、中に赤い蜜?の線。
「これは東京には出回らないよ」と道の駅の駅長さんがくれました。
いつものりんごとはちょっと違うような、美味でした。

 

 


夜は、青森から盛岡に移動して、おはなしの森まつぼっくり隊の勉強会でお話をさせていただきました。
花巻からFBお友達の照井さんもきてくださり、
盛岡と鶴田町のみなさん、本当にありがとうございました^^*/

 

Category: イベント

ゆめねこ&おててかいじゅう つみきのまちへ原画展@ブックハウスカフェ

10/19(木)「ゆめねこ」&「おててかいじゅう つみきのまちへ」原画展始まりました。11/12まで神保町のブックハウスカフェにて。

 

「ゆめねこ」担当メイトの小川さん、「おててかいじゅう つみきのまちへ」担当PHP研究所の鈴木さん、すばらしいアドバイスいただいた聞かせ屋けいたろうくんとオープニングトーク。皆さんのおかげで、いい絵本、いいイベントを開催することができました。ご参加くださった皆さまも、本当にありがとうございました!

 

お話の中で私が一番印象に残っているのは、「おててかいじゅうの線太いですね。こんなに太い本は、他にないんじゃないですかね。太いって、線のことですよ」(けいたろうくん)でした。お父さんの手のごつごつした感じを力強く描きたくて、太くなりました。

10/22(日)つみきワークショップ。台風で心配したけど、ほぼ定員予定通りの子どもたちが来てくれて、つみきタワー&タウンを作りました。

    

見に来てくださった積み木の先生・棒田明子さんが積み方や遊び方をガイドしてくださり、助け合ったり譲り合ったり、自分で考えたり、楽しく遊ぶことができました。積み木ってすばらしい!!子どもたちの発想力、想像力って無限だなあと思いました。もっと遊びたかったね。最後はおててかいじゅう✊✌️✋になって崩しました。ちょっと離れたところにいて崩し損ねたお友達が、こわしたかったと泣いて反省。。ごめんね💦こわすのも楽しいもんね。。初めてのチャレンジでしたが、棒田さんのおかげで遊び方がよくわかり、みんな楽しかったと言ってくれました。嵐を吹き飛ばす熱気むんむんな1日でした。

サイン本も作らせていただきました。よろしくお願いします!

Category: イベント , 絵本

南阿蘇えほんのくにへ

2017/10/15
南阿蘇えほんのくにの誕生祭、ブルービーフェスタで、おはなし会と講演会をさせていただきました。えほん列車にも乗りました😉

IMG_1170 IMG_1173 IMG_1167

1年ぶりの南阿蘇。前日の夜、えほんのくに運営委員会&事務局の皆さんと高森田楽と地元の名酒れいざんをいただきました。
鋤の形をした焼き網。すき焼きの起源が鋤の上で焼いたものというところから、店のご主人が作られたそうです。高千穂から移築された古民家の建物のいろりばたでいただく田楽✨ 雰囲気も味もごちそうでした。お酒もすご〜く美味しかった。前の週に山形でいただいた、世界一のお酒・出羽桜と同じく、ふわっとほっぺたに広がる甘い香り。
阿蘇の火山灰でしか育たないというめずらしいお野菜も。ゆず味噌、山椒味噌をつけていただきました。地元には、酒蔵のほか、味噌蔵、醤油蔵があるそうです。お水がおいしくて、食が豊かなのですね。

 

10/15、大人の方向けに、もったいないばあさんの絵本に込めた思いなどお話しさせていただき、
午後からはお子さん向けに絵本のおはなし会⤵︎
この地方に伝わる神話を、方言で演じられた大きな紙芝居もありました。

IMG_3343
きてくれた子どもたちと。みんなに会えてうれしかったよ!みなさん、本当にありがとうございました!!

 

IMG_3325
根子岳の形をしたごはんのカレー。ブルービードリンク、ほうじ茶オーレ。全部美味しい✨そして楽しい✨

 

IMG_3327

南阿蘇えほんのくにの運営委員長・葉山祥鼎さんと、富士フィルム九州株式会社の社長、鈴木直明さんと、ミニトークもありました。
葉山祥鼎さんは、作家・写真家で、葉祥明 阿蘇高原絵本美術館の館長さん。葉祥明さんの弟さんなのだそうです。
葉山さんが文を、息子さんのハヤマテイジさんが絵を描かれた絵本「くまモンとブルービーのなかまたち」、そして、詩と写真集「こころのワンダーランド」をいただきました。作品を撮ることをつきつめると哲学になる。「光は神様からのいただきもの。どの光をいただくか」というお話、もっと伺いたかったです。くまモンとブルービーもすごくかわいい♡
富士フィルム九州株式会社さんは、南阿蘇えほんのくにの活動を当初から支援しておられるとのこと。鈴木社長さんの絵本の思い出は、お子さんが小さい時に、物語の中に入り込むように、お気に入りの絵本にお子さんの写真をきりぬいて貼ったり、ご自身が小さい時にかぐや姫が月に戻る時、ロケットのシールを貼って一緒に月に行こうとしたり…とてもロマンチックでいいお話でした。熊本はとてもいいところで、ずっと住みたいところだとおっしゃっていました。

他の土地から南阿蘇に移り住んでこられた方々も、食べ物は美味しいし、人はいいし、自然豊か、温泉もあって、天国のようだとおっしゃる方が多かったです。地震のあと観光に来られる方が減ってお店の方々は大変だったそうですが、いまはだいぶ戻ってこられ、再オープンのお店も増えたとのこと。ほんとにいいところです。私も来年また遊びに行きますね!

 

IMG_3333 IMG_3338 IMG_3337

えほん列車!!南阿蘇鉄道は、現在高森〜中松間(7km)で部分運転が行われています。その区間を走る車両を1日貸し切って、えほんのくにに出発進行〜♪
白川渓谷の橋やトンネルなどの被害が大きく、全面復旧にはまだ時間が掛かるそうですが、一部区間だけでも復旧をと、地元の方々が線路の草抜きをしたそうです。すばらしい景色の線路でした✨
かわいいぐりとぐらが、カステラを配ってくれました。そして、終着駅の高森では、村の子どもたちがアーチを作ってお出迎えしてくれました。
ひとつの地域だけでなく、南阿蘇村全体の子どもたちが参加して、このブルービーフェスタを盛り上げて、支えているのだそうです。
本当にすばらしい✨みんなの絵本のお祭りなのですね。

IMG_3329 IMG_3336

2両のうち1台は、117名の漫画家さん応援メッセージに包まれた車両!
車掌さんの背中にくまモン♡

 

IMG_3347
地震の後、えほんのくにさんに拙著の絵本などを送らせていただき、地域の園や学校に届けていただいたことがありました。そのときのお礼にと高森中央小学校の生徒さんが書いてくれたそうです。ずっと預かってくださっていた保護者の方が届けてくださいました。皆さん、ありがとうございました!

 

IMG_3282
やっぱり阿蘇は雄大だ〜✨

 

IMG_3344
飛行機がちょと遅れ、空港で時間があったので、太平燕。
「熊本といえば太平燕」とお店のお兄さんに言われ、注文しました。
春雨のちゃんぽん!これはヘルシーでおいしい。

 

IMG_3346
えほんのくにからいただいたお花とブルービー(モールで作ってくださったそうです♡)
とぐりぐらカステラ
ブルービーは、夏の間だけいる青いミツバチ。その生態はなぞなんですって。

南阿蘇にも、神話の話とおじいちゃんおばあちゃんのお話を伺いに、山登りに温泉に、美術館に、乗馬も気球も、皆さんにも会いに、また絶対行きますね!!

 

Category: イベント

熊本へ

2017/10/14
震災からちょうど1年半。熊本市内ではたくさんのイベントが行われていました。

IMG_1165 のコピー 22406502_1100519193418474_8091701118022381475_n

長崎書店さんのおはなし会に来てくれた子どもたちと。何のポーズする?ってきくと、ピース✌️というので、みんなで✌️ 長崎書店さんは、創業が明治22年。140年をこえる老舗の書店さんです。最初の建物も情緒があってとても素敵でした。児童書担当のりさちゃんが本をたくさん揃えて、すべての準備をしてくれました。感謝です;;♡

IMG_1176 IMG_1175

長崎次郎書店さんは最初の建物。現在の本店は上通町にあります。
右は上通町の本店横の道。熊本城近く。

 

IMG_1177 IMG_1179 IMG_1178
あんたがたどこさ♪の歌の地元、船場にたたずむたぬき像。あちこち触るとご利益があるそうです笑
その近くの和食のお店、瑠璃紺さんで、長崎書店さんの若き社長長崎さんとりさちゃんと、長崎次郎書店さんの大村さんと。すべてのお料理が初めていただくような珍しさとシンプルな美味しさと、こんなお店が東京にあったら、何度も通いたい!美味しくて楽しかったです。長崎さん、みなさん、本当にありがとうございました♡

写真は、なにやらすごく美味しいソースに和えられた柿とゆりねの銀杏ソースと。シャベルで掘って。

 

IMG_1161
ラジオの番組でイベントの紹介をしてくださった政木ゆかさん。りさちゃんも一緒に、絵本を大人の方々と楽しむイベントを開催したり、益城町の子どもたちと劇団を作って講師をされたり。りさちゃんも、一人で路上で絵本や紙芝居をよむ活動をされてると伺い、お二人ともすごい〜すてきです✨

 

 

IMG_3283

前の日に、熊本城に行きました。天守閣は復旧工事中。
崩れた城壁がそのまま残されているところあり、地震の爪痕を見て、
被害の大変さを感じていました。

熊本また行きます!

 

Category: イベント