2022/9/2-3 猿払村へ

日本最北の村・猿払村は、ホタテづくしの2日間。こんなにホタテ食べたことない。ここに来ないと食べられない。特別最最高のごちそうさまでした🙏❣️副村長さんにいただいた村の新たな名産品・赤いイチゴと白いイチゴも宝石のように美味しかったです。


9/2 猿払村立拓心中学校にて「もったいないばあさんと考えよう世界のこと」の話をさせていただき、
写真は、9/3鬼志別保育所子育て支援センターにて保育者さん向けにもったいないばあさんの話の後、音頭のポーズで(撮影の時だけマスク取りました)
猿払村の皆さまありがとうございました❣️

大人気ホタテ丼@さるふつまるごと館

手作りのウェルカムボードに感激♡迎えに来てくださった稚内駅で。

9/3鬼志別保育所にて、保育者さん向けにもったいないばあさんの話の後、音頭のポーズで(撮影の時だけマスク取りました)

稚内の白い道。帆立の貝殻を敷き詰めているそうです。利尻富士も綺麗に見えました。

もったいないばあさん@日本最北端の地・宗谷岬
サハリンに泳いでいけそう。コロナ禍前は、中学生が交換ホームステイなどの交流があったそうです。

 

絵本の里・剣淵へ

札幌から猿払に向かう前に、絵本の里・剣淵町へ。
絵本の館で、たくさんの絵本と出会い、思い出ができました。
『おつきさまのパンケーキ』が絵本の里大賞にエントリーされておらず(自分も出版社さんも送っていなくて。そもそも自分で送ればよかった)、ガーン😱となりましたが、、、
投票に関係ないので、工作教室に来ていた小学生の子たちに、絵本を読みました。みんなもったいないばあさんもおたからパンも知っててくれて、おつきさまのパンケーキも読んでよんでと言ってくれて、なんてかわいいの。子どもたちに絵本を読めるのは、本当に幸せだなあ。
 
絵本の里大賞投票会場
『おべんとうバスのかくれんぼ』はありました!

剣淵の皆さん、今日もいつももありがとうございました❣️

 
 ひろたあきらさんと。剣淵ではいろんな作家さんとの出会いがあります。
駅前旅館のラーメンとカレーのセット。思い出の味です🙏
Category: イベント

2022/8/27 札幌こども人形劇場こぐま座へ

8/27札幌のこども人形劇場こぐま座にて絵本のおはなし会と講演会がありました。
こぐま座のある中島児童会館は、日本で初めてつくられた公立の児童会館で、今年で73歳。
こぐま座も、日本で初めての公立の、子どものための専門人形劇場(46年目)なのだそうです。
戦後間もない、物資もままならない時に、子どもたちの未来のためにと、大人が汗をかいてつくった子どもの城… なのだと。
私も人形劇が大大大好き。みんなも大好きな人形劇が、こぐま座でずっと観られますように❣️

 

 
午前中絵本のおはなし会
午後から大人の方にもったいないばあさんの話(参加の方々は撮影の時だけマスク取りました)

 
もったいないばあさん音頭ひろみ師匠と♪
こぐま座・中島児童会館の皆さんと♡

 

 

Category: イベント

「もったいない」絵本で世界に

2022/8/3もったいないばあさんプロジェクトについて記事が読売新聞関西版の夕刊に掲載されたとのこと教えていただきました(写真は関連部分のみ)。

2022/7/30 岐阜へ

2022/7/30(土)
午前中は、岐阜の絵本と童話のお店・おおきな木さんで、絵本のおはなし会。暑さにもコロナにもまけず、きてくれた子どもたちと皆さんと元気に楽しく絵本で遊びました。三四郎さんのギターでもったいないばあさんのえかき歌と音頭も♪

  
 
***
そして午後からは、みんなの森ぎふメディアコスモスにて「もったいないばあさんと考えよう世界のこと」の講演会。
その前に、2階図書館の絵本コーナーで、ちっちゃいお子さんたちにちょっと絵本をよみました。
 

メディアコスモス総合プロデューサーの吉成さんと、館長の川合さん、お休みの日にお子さんと来てくださった司書さん、そして私の講演を企画してくださった図書館の服部さんと。
こちらの図書館は、フィンランドよりすてきだと思う。日本にもすばらしい木材とデザインと本と生きている人たちがたくさんいること、自慢したい 。

 

 
1階のかんがえるスタジオでは、感染予防対策のため間をあけて座っていただきフレームに入りきらず、右からと左から記念撮影。夏休みの自由研究に、SDGsに興味があって、昔からもったいないばあさんの本を読んでいて…と、私の話を聞いてくださり本当にありがとうございました。

終了後図書館の皆さんともたくさんお話できてよかった。感染状況によりむつかしいかもでしたが、お茶会ご用意くださり、お茶だけであんなにいろいろお話できるなんて。また続きのお話できる日が、きっときますように❣️

 

***

イベントの前の日に…
お友だちのヨッシーさんと木遊館へ♪ こちらもすばらしい木の香り✨

   
高山に伝わる子どもの守り神さるぼぼがモデルの積み木だそう。
スプーンクラブでヨッシーさんの先生が作ってくださったシンジュの木のスプーン❣️スプーンは木を削る時の音や香りにいやされてはまるそうです。参加した〜い。


鵜飼見物の舟に乗り、川の水にひたしながら仰ぐうちわ。涼しい工夫ですね。
今度は舟にも乗りたいな。

もったいないばあさんとSDGs

●「もったいない」のもったい(勿体)とは、あるべき姿のこと。私はあるべき姿とは、循環だと思うんです。自然もものも、循環しないのがもったいない。使い捨てではなく、また生かされる流れの中で暮らしていきたいですね。

倉敷からの帰りに、大阪の姉と待ち合わせして、奈良の天河大辨財天社におまいりにいきました。
毎年お願いしている宮司さんにご祈祷いただき、「もったいない」について👆のように話していると、きいていた姉が「いい話やね」と感心してくれました。
その帰り道の車中で、
まもなく出版される特集雑誌(絵本で学ぶSDGs)のインタビュー記事について、編集者さんと電話で話していると、またやりとりを聞いていた姉が、「その記事には、まりちゃんがさっき宮司さんに言ってた、もったいないの、循環の話も載るんだよね?」と聞くのです。
「それは、、のらないねん」と言うと、「え、なんで?いい話やのに。循環しないのがもったいないって、それこそSDGsの本質なんじゃないの?」と姉に言われ、はっとしました。ほんまや。
それからまたすぐ編集者さんに電話して、一番大事なフレーズが抜けていたとお詫びお願いすると、締め切りはとうにすぎてるのに修正してくださり、無事記事の中に盛り込むことができました。
もしも、あの日、あのとき、姉と天河に行かなければ、宮司さんともったいないの話をしなければ、このフレーズは、載らなかったかもしれない。姉の言う通り、本質的なすごく大事なことなのに。
神さまに救われた気がしました🙏

『絵本で学ぶSDGs』は、特集を企画された、絵本でSDGs推進協会の朝日仁美さんが、私のインタビューをしてくださいました。よかったらぜひご一読くださいませ。8月下旬別冊太陽のシリーズとして平凡社より出版予定です。

 

 

●もったいないばあさんとSDGsについて

この機会に、長文となり恐縮ですが、私の考えを書かせてください。

記事の中にも書かれていますが、もったいないばあさんは、SDGsという言葉が普及する前に出版されました。なによりもまず、絵本として楽しんでほしいと思っています。SDGsという言葉が普及してからは、宣伝文句として本の帯に書かれるようになりましたが、もったいないばあさんからSDGsという言葉を使ったことは一度もなく、もったいないばあさんの本がまるでSDGsのために作られたと思われないように、あまりにそればかりになりすぎないように、私自身は表現の仕方にとても気を遣っています。

とはいえ、『もったいないばあさんと考えよう世界のこと』の内容は、SDGsそのものだと思うし、わかりやすいツールの一つとしてお使いいただけたらよいなと思います。

「もったいない」は、命の大切さを伝える言葉。私たちが生きていくためにいただく命、自然の恵みに感謝して、大切にする。じゃないともったいない。いま地球で起きている問題は命を一番に考えていたら起きなかったと思うことばかり。「自分さえよければと思わず分け合う気持ちがあれば」「命はすべてつながっていて、ひとつひとつの命が大切なんじゃよ」という、もったいないばあさんからのメッセージがSDGsの理解につながれば、と。

もったいないばあさんのワールドレポート展の内容の講演会タイトルに、主催者のご希望により、もったいないばあさんと考えよう世界のこととSDGs、というタイトルが使われることがありますが、上のことに気づいてから今後は、私がお話するタイトルは本と同じく「もったいないばあさんと考えよう世界のこと」にできるだけ統一させていただきたいと考えています。お話する内容は同じなんですけど。。

SDGsの授業よりもったいないばあさんの話の方がわかりやすくて心に響くと、言われることがあります。伝えたいこと、目的は同じだと思うので、わかりやすく理解するために、よかったら、SDGsの話や授業の時に、もったいないばあさんの本を使ってもらえたらと思います。

子どもたちには、ただ絵本として楽しんでもらうのが一番です。

写真は、奥伊勢の別宮にて。

2022/7/18 倉敷へ

2022/7/18
倉敷の環境学習センターにて「もったいないばあさんと考えよう世界のこと」講演会がありました。
そのあと、つづきの絵本屋さんへ。

  

講演会の前に桃園に🍑
地元(倉敷・玉島)のおかみさん会が作られた玉島産のごぼうやアナゴが入ったのりまきをお昼にいただく。
おかみさん方のごはんが一番おいしいにきまってる🙏
桃ものりまきも兼信潮美さんが準備して連れてってくださって、講演会の実現も何もかも、感謝です。

  

 

翌日7/19は〜日本一の駄菓子屋さん、おしょうゆアイス、保都さんの畑とワークショップへ。

  

鷹取醤油さんの軒先には燕の巣がいっぱい。団地みたい。
藍ののれんのような看板に親燕が飛んでるとこうつってる。つばめの赤ちゃんとも目が合う。

 

  

保都さんの畑で大きな蚊にくわれながら収穫した藍の葉でたたき染めをおそわる。
Tシャツのすそを結んで作るエコバッグも!

熊本のりさちゃんとベビちゃんにも、倉敷で会えるとは>o<💕

私の話をきいてくれたみなさん、会いに来てくれた皆さま、遠足仲間笑みんなさん、本当にありがとうございました❣️
楽しかった〜

 

 

✨『よみもの・なないろどうわ』2022✨

『よみもの・なないろどうわ』(わたし作絵・アリス館)が、学校がすすめる夏休みこどもの本2022と、
2022 第18回 大阪こども「本の帯創作コンクール」課題図書に選ばれて、重版になりました。
みなさん、読んでね❣️

http://www.osaka-books.ne.jp/index.php?c=2

Category: 絵本

2022/05/29 江東区こどもプラザ図書館で、もったいないばあさんのおはなし会♪

5/29は、開館されたばかりの江東区こどもプラザ図書館さんへ。絵本のおはなし会に伺いました。
子どもたちと一緒に絵本を読んで遊ぶのは本当にひさしぶりで、ものすごくうれしくて、やっぱりとっても楽しかった〜>o</💕
図書館の田中さんにマジマジさんをお願いして、もったいないばあさんの絵描き歌と音頭も踊りました♪
かわいいお手紙もいただいてますます( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾♡

 

Category: イベント

朝日小学生新聞に

「もったいないばあさん」再連載中の朝日小学生新聞に
インタビュー記事を掲載していただきました。
月1回の新しい作品のテーマは、日本の伝統行事が中心です(記事より)
絵本カフェ・ムッチーズカフェにて撮影・2022/5/5掲載