「イカになあれ」ワークショップ

7/13(日)ブックハウス神保町さんで、
「イカになあれ」のワークショップ、「ぷかぷかイカさんのミニアクアリウムを作ろう」を開催しました。

…イカになあれは ふしぎなかがみ。
まえにたって 「イカになあれ」というと イカにかわります。
そして イカのくにに はいることができます…
もしも自分がイカになったら どんなイカになるでしょう?
そして イカの国で どんなことをするでしょう?
想像して自分のイカの世界を描いてみてください。

まずは、透明シートに油性ペンでお絵描き。それをはさみで切って
ペットボトルにいれます。水と洗濯のりの溶液をそそぐと、しゅわしゅわゆらゆら海の中。

 

 

みんないろいろなイカを考えてくれました。子どもたちの発想の新鮮なことには、いつも驚かされます。
これからももっともっと 想像の翼をひろげて
空想力をふくらませていってほしいと思います。

イヌイカ、ネコイカ、コンブイカ、あたまが食べものや飲みものになったイカ…
サメイカもいましたよ。

参加してくださった方が写真を送ってくださいました↑ありがとうございました!

この工作ワークショップは、7/27剣淵絵本の館でも開催します。
また、7/30には、宮崎県の佐土原図書館で大きな絵を描くワークショップがあります。
お近くのみなさま、どうぞご参加よろしくお願いします♪

 

Category: イベント , 絵本

「もったいないばあさんのいただきます」第5回ようちえん絵本大賞に♪

15_Img00

「もったいないばあさんのいただきます』が、第5回ようちえん絵本大賞を受賞とのお知らせをいただきました。

”子どもに読み聞かせたい絵本””お父さんお母さんに読んでほしい・お勧めしたい絵本”として、
全日本私立幼稚園幼児教育研究機構が大賞15作品を選定…のうちの1冊に選んでいただいて、
とてもうれしいです^^/本当にありがとうございました(_ _)♡

「もったいないばあさん」も第3回ようちえん絵本大賞をいただいています。
その第3回時に初めて知ったのですが、第1回ようちえん絵本大賞でも11〜20位の中に選んでいただいていました。
選定された他の絵本は昔からのロングセラーのすごい本ばかりで…
続きはこちらで>> http://marikoshinju.com/blog/?p=959
投票してくださった皆さま、本当に本当に、ありがとうございましたm(_ _)m

注*ようちえん絵本大賞は1冊だけではなくて、複数作品が受賞します。
第1回と第2回は投票で選ばれ、以降は全日本私立幼稚園幼児教育研究機構・調査広報委員会の方々に寄る選定だそうです。

Category: 絵本

「イカになあれ」絵本ナビサイン本

新刊絵本「イカになあれ」が絵本ナビさんのサイン本に登場しました。
どうぞよろしくお願いします!

 

編集長の磯崎さんからこんなご紹介をいただいています。
ありがとうござイカました〜
「…イカの国の楽しみは、絵本を開いて見てみてね。
さあ!読み終わったら、みんなで「イカになあれ」の前に立ってみましょうか。
『もったいないばあさん』で大人気、真珠まりこさんの最新作絵本です。
それにしても、イカって何だか不思議な生き物だなあ。」

Category: 絵本

「なないろどうわ」のこと & 新刊絵本「ぽんぽん」& 「おでんのゆ」のれん!

「なないろどうわ」は7月に発売された本ですが、あかいりんごに始まり、雪がふる季節を迎えて
「またりんごをいっぱいたべようね」で終わるので、実はこれからのシーズンにぴったりと思うんです。
今日の毎日新聞朝刊「本はともだち」のコーナーでは、
もったいないばあさん日記のとなりに、この「なないろどうわ」紹介記事も掲載していただいています。
まだ見ていないみなさん、どうぞよろしくおねがいします!(真珠まりこ作・絵/アリス館さんから)

●絵本ナビさんの全ページ試し読みでも読めます>http://www.ehonnavi.net/ehon/90539/なないろどうわ/

●この本の原画展を年明けの1月中旬〜2月中旬、神保町ブックハウスさんで開催する予定です。
トークイベントも企画中ですので、よかったらいらしてくださいね。

●ツイ友のヨッシーさんがこんなうれしい感想を書いてくれました。ありがとうございました〜♡
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=350678695078553&set=a.236433499836407.1073741825.100004092771779&type=1&theater

 

****************

こちらは、新刊のお知らせです。

ぽんぽん

「ぽんぽん」
真珠まりこ さく・え ひさかたチャイルド
赤ちゃんからの絵本シリーズ ¥680(税別)
あーおなかいっぱい。ぽんぽんがぱんぱん。ぽんぽこりん!

 

***************

そして、「おでんのゆ」
こんなかわいいのれんを作っていただきました〜^o^/♪

「おでんのゆ」真珠まりこ さく・え ひさかたチャイルド
ほかほかおふろは いいきもち。ああ、いいゆだな♪

 

新刊絵本「なないろどうわ」& 7/6郡山のおはなし会

「なないろどうわ」ができました。
くまとうさぎとさるが織りなす、7つの色の7つのお話。
赤、だいだい、きいろ、みどり、青、藍色、むらさき…虹の七色。
色の意味に沿ったお話が7つ入っています。
子どもたちだけでなく、読み聞かせをするお母さんとお父さんも
色の癒しを感じてもらえるような本を作りたいとずっと思っていました。
「なないろどうわ」はその思いが形になったもの。
まさに、こんな本が作りたいと思っていたそのものです。
それぞれの色の世界を楽しんでいただけたら、うれしいです。

 

結局制作に1年近くかかり、予定から4ヶ月も遅れて…7/7発売になりました。
時間をかけて作らせていただいたおかげで、満足の行くとてもいい作品に仕上がったと
感じています。
書店さんで見かけられた際には、よかったら中ものぞいてみてくださいませ。
*絵本ナビさんの全ページ試し読み&サイン本にも登場しました*
http://shop.ehonnavi.net/item.asp?c=5102840061

こちらもよかったらぜひ、みてくださいね。

 

7/6(土)福島県郡山市でのお話会では、先行して
この「なないろどうわ」のムービー的読み語りをさせていただきました。
オルゴールの音楽付き+ウィンドチャイムの効果音をつけてみたのですが
光がキラキラしているような音がぴったりで、よかったです。
色は光。波長の違う色が集まってひとつの光になるから、キラキラがぴったりなのかな。
私も癒されました*^^*
ムービーは、うごく絵本チルビー&「もったいないばあさんと考えよう世界のこと」DVDの制作会社
モーニング石原さんが作ってくれました。
これからもいろいろなところで聞いてもらえたらいいな。

 

なないろどうわ

「なないろどうわ」
真珠まりこ さく・え アリス館
¥1470(税込)

 

 

★福島県郡山市でのおはなし会で、主催のこども支援子育て支援係の皆さまと。

大きなあたたかいふところで、子どもたちの成長を願うお気持ちがすてきでした。
郡山の皆さん、本当にありがとうございました!

 

 

Category: イベント , 絵本

まゆげちゃん!

新刊絵本「まゆげちゃん」ができました。
どうぞよろしくお願いいたします。
絵本ナビさんの全ページ試しよみ&限定サイン本にも登場していますので、
ぜひ中を見てみてください!

おとうさんのまゆげは、ふとくておおきいまゆげちゃん。
おとうさんがおこると まゆげちゃんも…
お父さんだけでなくお母さんも、
園でみなさんといっしょに読んでいただくのも、楽しいのではないかなと思います。
その際にはぜひ、まゆげちゃん体操をして、顔を動かしてあそんでみてくださいね。

Category: 絵本

がっこうにんじゃえびてんくん

はじめて幼年童話の挿絵を描かせていただき、新しい本ができました。
作者は村上しいこさんです。テンポよくおもしろく
元気でかっこいいえびてんくんのお話。ぜひみてみてください!

 

がっこうにんじゃ えびてんくん
「がっこうにんじゃ えびてんくん」
村上しいこ ・作 / 真珠まりこ・ 絵  岩崎書店
¥1000(税別)

小学校低学年向き幼年童話。
クラスメート・えびてんくんは、本物の忍者なんだ!
見習いになったぼくは、なつみちゃんが学校に来なくなった理由を、えびてんくんと探ることに。
そこに現れたのは…。

 

Category: 絵本

「もったいないばあさん」第3回ようちえん絵本大賞

「もったいないばあさん」が第3回ようちえん絵本大賞に♪

最近出版された絵本の中から、「新しい絵本をみつけよう」をテーマに、
“子どもに読み聞かせたい絵本”、
“お父さん・お母さんに読んでほしい・お勧めしたい絵本”を選考の基準として、
財団法人全日本私立幼稚園幼児教育研究機構・調査広報委員会が選考。
特別賞3作品を含む16冊の絵本が第3回ようちえん絵本大賞に選ばれました。
「もったいないばあさん」もその中の1冊に選んでいただき、とても光栄です。
本当にありがとうございました!!

 

HPを拝見すると、2010年の第1回のようちえん絵本大賞にも
11〜20位の中に選んでいただいていました。知らなかった@o@/
第1回目は、全国の私立幼稚園約8000園の先生方の投票で選ばれているんですね。
ますます@o@/

はらぺこあおむし、ぐりとぐら、はじめてのおつかい、三匹のやぎのがらがらどん、
ぐるんぱのようちえん、おしいれのぼうけん、おおきなかぶ、どうぞのいす、
わたしのワンピース、ねずみくんのチョッキ(以上10位までが大賞)…
てぶくろ、こんとあき、めっきらもっきらどおんどん、
の次が、もったいないばあさん!
そして、
かいじゅうたちのいるところ、そらまめくんのベッド、くろよんのくろくん、
エルマーのぼうけん、おおきなおおきなおいも、きょだいなきょだいな(以上11〜20位)

このすごいラインナップの中に、
もったいないばあさんが先生方の投票によって入れていただいていたなんて…
それを知らなかったなんて…
もったいなかったすぎる!
投票してくださった皆さま、本当にありがとうございましたm(_ _)m
感謝の気持ちでいっぱいです;;

Category: 絵本

おむすびころりん♪

「おむすびころりん」ができました!

「おむすびころりん」令丈ヒロ子・ぶん/真珠まりこ・え/講談社

チューたちがかわいい、悪いおじいさんもいいと好評です。
作の令丈ヒロ子さんは、「若おかみは小学生」シリーズで大人気の作家さん。
「メニメニハート」と「パンプキン!模擬原爆の夏」いただいて読ませていただきました。
失礼ながら、さすがうまいしおもしろい。作家さんの頭の中はどんな風になっているんだろうなあと思いました。
「おむすびころりん」もテンポよく、小さい子にもわかりやすく楽しいです♪

この本は、ぜひ祖父江慎さんデザインの見返しも、忘れずにみていただきたい本です。
白地の紙の上に、ねずみの白をのせてこだわりの上質感あり。POPでかわいくてしかも上品。
本文の白も、おもちの白とおじいさんのひげの白とねずみの白は同じ白にしましょうか、
それともそれぞれ違う白にしましょうかとこだわっておられました。
よーくみると、ねずみの白と、おもち&おにぎりの白はちがう白なんです。
食べものの白は少しあたたかみのある白の方がいいですよねとのこだわりでした。
おじいさんの髪とひげとまゆげは、絵の具の白。チューたちは紙の白がベース。
おにぎりはその白に少しあたたかみをプラス。白はこんなにおしゃべりだったんですね。

★さて、このおむすびころりん、ただいま絵本ナビにてレビューコンテスト実施中。
オリジナル原画やポストカードなどのプレゼントがあります。ぜひご応募ください!
2012年4月4日まで。
「おむすびころりん」の他、「ももたろう」「はなさかじいさん」もあります。
全ページ試し読み&それぞれの画家による朗読映像もあり。武田美穂さん、松成真理子さんと私です。
よろしくお願いします♪

Category: 絵本

Year of the Dragon と魅惑の音楽団♪

2012年になりました。
イヤーオブザドラゴン!龍が天に昇るように、いい年になりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

1/15(日)は、藤沢で魅惑の音楽団のコンサートがあり、
私とサトシンさんも伺って、さんぽのき♪を歌いました。
といっても私は、声のでない音域なので…ほんとにちょっとしか歌ってないんですけど…
(それなのにステージに上がってすみません^^;)
サトシンさんは上手でした。そして、中学生もコーラスに参加して歌ってくれました♪

 


photo by Tatsushi Mochizuki

魅惑の音楽団の演奏は、本当に本当にすばらしかった!!
それがどんなにすばらしかったか言いたくて
興奮冷めやらぬうちにと思い、重い腰をあげて、今年初めてのブログを書くことにしました。

「さんぽのき」の歌の作曲家・安田しん二さんと外山和彦さんの「魅惑の音楽団」は、
ジャンルの違う一流のミュージシャンが集まって、世界中の楽器と音楽を融合させて演奏する楽団です。
メンバーは、その分野ではこの人と言われる第一人者の方々がいらして、一流のプロのミュージシャンばかり。
オーケストラで演奏されているクラシックの弦楽四重奏の方がたもいれば、
ばりばりロックのエレキギター&ベース、インカやアンデスの楽器ケーナ、中国の二胡、
篳篥(ひちりき)や笙(しょう)の雅楽器、尺八などもあり、
パーカッションはドラム以外にもお二人、こんなにいろんな楽器があるんだと思うほど
たくさんの音が折り重なって、そしてそれが、1+1=2以上の効果を生み出して、
深みのある音楽を創っていく。
クラシック、ロック、民族音楽、和楽のプロが集まって、みんなで一緒に演奏するっていうことが、
魅惑の音楽団の魅力で、他にこんなことしている人たち、めったやたらにはいないそうです。
しかもみんなその道では一流のミュージシャン。ほんとにかっこよくてすばらしいコンサートでした。
最後に演奏された「ヤダ…ぼくらは負けない」という歌は、「さんぽのき」と同じメロディ。
元々こちらの歌が最初にありました。
これを作った前田さん、外山さん、安田さんの思いが伝わって来て、心に響き、とても感動しました。
満席で立ち見の方もいましたが、もっともっとみんなに観てほしかった。。。
次回の演奏会はぜひお見逃しなく。

 

魅惑の音楽団のメンバーがどんなにすごい方々か、見てください!
*****************************

●工藤美穂さん:1stバイオリン
桐朋学園大学音楽学部卒業後フランスに渡り、ヨーロッパ各地でソリストとして演奏。ミュージカルや首相官邸晩餐会での演奏など幅広い場で活躍。

●小原直子さん:2ndバイオリン
東京芸術大学別科バイオリン専修、国立音楽大学器楽科卒業。バイオリンの他に、ビオラ、チェロ、二胡もこなすマルチストリングスプレイヤー。クラシック以外にも、ミュージカル等様々なジャンルで活動している。

●佐藤雅子さん:ビオラ
桐朋女子高等学校音楽科から、同大学音楽部バイオリン科へ。卒業後ビオラに転身。ヨーロッパ各地で室内楽の演奏活動。現在は、音楽仲間RUHE、アンサンブル・テルツェット、ポピュラーバンド、Walnutsなどの活動にも参加。

●井上とも子さん:チェロ
桐朋学園大学音楽学部卒。台湾の音契管弦楽団の首席チェロ奏者・ソリストとしての客演や、メキシコ政府招聘によるコンサートをメキシコ各地で開催。国際的にも高い評価を得ている。

●汪成 さん:二胡
国際芸術交流フェスティバル公演でデビューし、NTTドコモコンサートやCM音楽に参加。中国政府奨学生として北京中央音学院に留学。中国上海古典民族音楽コンテスト3位。

●稲葉明徳さん:篳篥、篠笛、龍笛、笙、サックス
19歳で雅楽界最高峰の「東京楽所」に抜擢される。NHK大河ドラマ(今の平清盛も)や黒沢明監督「夢」などTV、映画での演奏の他、ベルリンフィルハーモニックホールにソリストとして立った唯一の日本人でもある。世界各地で演奏活動。

●菱本幸二さん:ケーナ、シーク、チャランゴ、ボンボ
ボリビアでチャランゴの第一人者であるエルネスト・カブールに認められグループに参加。日本ではもちろん、本場ボリビアでも、トップ・プレイヤーとして君臨。

●パトリック・ハラランさん:トロンボーン、尺八
アメリカ・オハイオ州出身。秋吉敏子のビック・バンドのトロンボーン奏者でありながら、尺八は東京芸大で学んだ腕前。

●長谷川友二さん:ギター、マンドリン、バリトン・ウクレレ、ボーカル
セッションギタリストとして、篠原涼子、ルクプル、鈴里真帆、沢田研二、本田美奈子など数々のアーティストをサポート。ロックからジャズ、ボサノバ、クラシック、フォーク、フラメンコ等幅広く演奏し、年間100本以上のライブをこなす。

●今泉洋さん:ギター、マンドリン、アイリッシュ・ブズーキ
約30年間、常に第一線のスタジオミュージシャンとして活躍。一時の日本のポップスで、ロック系のギターソロの大半は彼だったこともあった。アニメなどへの楽曲提供も多い。また、尾崎豊のアルバムのプロデュースなど幅広く活動。

●外山和彦さん:指揮、エレクトリック・ピアノ
作編曲家。バークリー音楽大学に留学し、首席で卒業。NYやLAで活動ののち帰国。数多くのCM、TV、ミュージカルの音楽を担当し、「ファイナルファンタジー」などゲーム音楽のオーケストラ版CDのアレンジが評判となる。魅惑の音楽団の楽曲アレンジも担当。

●吉岡よすおさん:E.&A.ベース、ギタロン、ギター、ウクレレ
ベンチャーズのノーキー・エドワーズのサポートを始め、鈴木康博(オフコース)、山本潤子、細坪基佳(ふきのとう)、シモンズ、はしだのりひこ、大野真澄(ガロ)、岸田智史と言ったフォーク系のアーティストとも多数共演。エレキ・ベースの他にも、アコースティック・ベース・ギターやアップ・ライト・ベース、メキシコの民族楽器ギタロンなども弾きこなす、マルチ・ベーシスト。1/15のライブには残念ながら欠席。

●椎名邦仁さん:E.ベース、ギター、シタール、ウクレレ、コーラス:
ニューヨーク市立大学で作編曲を学ぶ。LAにてCMの音楽プロデュースに携わり、ジェームズ・ブラウン、ローリングストーンズ、クレモンティーヌ、Earth Wind & Fire、ホリー・コール等数々の国内外のアーティストとセッション。平原綾香、J-Friends、V6などに楽曲を提供。また、CM、劇伴作家として多数の映像音楽を作編曲している。

●宗像仁志さん:パーカッション、ベース
18歳からプロのパーカッショニストとして活動。作編曲家としても、SMAP、KinkiKids、TOKIO、嵐、滝沢秀明、島谷ひとみ、TRFなど、人気アーティストの作品を多数手がけている。

●伊勢友一 さん:クラシック系打楽器
ソロ、室内楽、オーケストラにおいて幅広いジャンルのコンサート、レコーディングに出演し、坂本龍一の演奏活動にも参加。また、作曲家として打楽器音楽、現代音楽性をとりこんだ新しい作品を作っている。

●安田しん二さん:ドラムス、カホン、チャランゴ、テナー・ウクレレ、ボーカル
ハードロックドラマー、スタジオヴォーカリストを経て25歳で作曲家に転身。SMAP、近藤真彦、森高千里、嵐、浅香唯、少年隊等数多くのアーティストに作品を提供。少年隊のミュージカル「PLAYZONE」ではメインテーマソングを担当。現在シンガポールの映画音楽を製作中。

 

 

以上魅惑の音楽団のみなさんでした♪

「さんぽのき」の作詞家の前田たかひろさんのお友だちの矢野さん、サトシンさんからお写真いただきました。ありがとうございました!
チラシのスキャンは自分でやってみたけど、やっぱりうまく見えないかな↑(・_・;

 

打ち上げで、さんぽのき♪チームのみなさんと↓
右は、作詞家の許瑛子さん。デビュー作は明菜ちゃんの「サンドベージュ」だそうです。よく歌ってました♪

「さんぽのき」前田たかひろ・原作 サトシン・文 真珠まりこ・絵 文溪堂
歌のCDつき♪「さんぽの木」前田たかひろ・作詞 外山和彦&安田しん二・作曲
魅惑の音楽団の演奏! CDの製作:コロムビアレコード
この本およびCDの著作者印税100%を、東日本大震災で被害にあわれた方がたへの支援金として寄付させていただきます。
絵本ナビのページ

 

Category: イベント , 絵本