おたからパン

Adobe Photoshop PDF 13681063_833195503484179_5837296053669284982_n

新しい本ができました。
「おたからパン」真珠まりこ作・絵/ひさかたチャイルド

文中に出てくる歌♪ そとはぱりぱり なかはふわふわ かめばかむほど あまくておいしい
おたからパン♪ 私はこんなふうに歌っています > おたからパンの歌♪

読んでくださった方から
「おたからパンにも『もったいない』がありますね。これはとても日本的でいいお話だと思います」と、ありがたいご感想をいただきました。
「おたからパンの親方は、泥棒を泥棒として見ず、人として敬う気持ちを持ち、自分の店で働かせた。自分のものを分け与え、泥棒が本来あるべき姿に戻るように手助けした。
泥棒はおたからパンが作れるようになり、食べた人たちが笑顔になるのを見て、宝は人から取るものではなく、自分の中にあると気づくことができた。
そして、今度は自分もそれを人に分け与えることで、幸せになる人が増えてひろがり、つながっていく。

「おたからパン」、自分でもいいお話だと思っていましたが、
深く読み解いてくださり、私自身も、なぜいい話と思っていたのか、納得することができました。

「もったいない」は、一言で言うと、他者を敬う心です。
「勿体ない」の「勿体」は、あるべき姿という意味で、そうじゃないから、もったいない。
あるべき姿というのは、敬う心をもつことだそうです。
そして、日本を表す「和」、人と人が繋がって作る「和」には、
単に皆で同じことをして仲良しするのではなく、
違うものが出会って、違いがあっても共にいることを楽しむという意味があります。違いを楽しみ、和を作るためには、もったいないの心、敬う気持ちが必要。
親方は、泥棒にも敬う心をもち、施しをするのではなく自分のものを分け与え、和を作り、幸せが増えていった。
だから、日本的で、もったいないの心があるお話とのことでした。

感動しました。。。
「おたからパン」も、たくさんの方に読んでいただけたらいいなあと願っております。
おかげさまで、まだ店頭で見ないうちに重版出来となり、もしかしたら今品切れのところがあるかもしれませんが、間もなく補充される予定です。そして、こんなポップを作っていただきました。どうぞよろしくお願いします。

*「おたからパン」は月刊絵本・おはなしチャイルド2015年9月号でしたが、このたび市販の絵本として新たに出版されました*

Category: 絵本

もったいないばあさん スペイン&インドへ

敬愛大学国際学部教授、山口政之先生から、スペインの子どもたちに、もったいないばあさんの絵本をご紹介くださったとうれしいお知らせいただきました。

3月上旬スペインのサラマンカ大学にゲストとして招かれた際、地元の小学校へ、もったいないばあさんの英語版「Mottainai Grandma」をお持ちくださったそうです。早速子どもたちに読みきかせをしていただいているとのこと。
スペインの子どもたちにも、ものを大切にすること、感謝と思いやりの気持ちが伝えられたらますますうれしいです。
山口先生、本当にありがとうございました!

IMG-20160311-WA0003 DSCF2996

そして、もうひとつ、
「もったいないばあさん」がインドでの環境教育に使用されることになりました。JICA支援による講談社さんの絵本プロジェクト。
「もったいない」は元々仏教の言葉で、命の大切さを伝える言葉。そして、インドは仏教発祥の地。インドの皆さんにも、もったいないばあさんのメッセージが広がりますように願っています。
Category: 絵本

「もったいないばあさんのてんごくとじごくのはなし」第25回けんぶち絵本の里大賞受賞

「もったいないばあさんのてんごくとじごくのはなし」が
第25回けんぶち絵本の里大賞を受賞とのお知らせいただきました。ありがとうございました!
無理だと思っていたので、100倍うれしいです。有り難みを特にひしひしと身にしみて感じています。本当にありがとうございました;;/
剣淵町の絵本の館での授賞式は、2016年2月21日(日)16:00~だそうです。
この作品にこめた思い、なぜいまこの本を多くの方に読んでいただきたいと思っているのかをお話させていただけたらと思います。ありがとうございました!!

12033161_1132147110147998_1546167026834610914_n
剣淵町絵本の里のFBページよりお写真いただきました。

Category: 絵本

「おたからパン」

11825858_881031648640276_8241384852391512578_n

おはなしチャイルド2015年9月号が「おたからパン」ができました!
ぼちぼち、月刊絵本としてお申込くださったところに届けられている頃合いです。
書店さんでの一般販売はまだ未定で、されるとしても来年の夏以降になるそうなのですが、ご希望があれば書店さんでも、この月刊絵本を注文していただくことができるそうです。そして「おたからパン」は、鎌倉のパン屋さん、Lumière du b リュミエール ドゥ べーさんでも販売していただけるとのこと(ありがとうございます!)
この本を作る時に、リュミエール ドゥ べーの無量井健太郎さんと、神戸屋レストランの山崎彰徳さんに、パンの作り方について一から丁寧におしえていただき、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
「おたからパン」も、たくさんの人に読んでいただける絵本になったらいいなと思います。
チャイルド本社の担当の編集Kさんから、いつもそんなこと言わない校正の方が「子どもたちの心に残るお話になるでしょう」という感想をくださったと伺い、感激していました。ほんとに、そんな本になれたらうれしいです。

Category: 絵本

「もったいないばあさんのてんごくとじごくのはなし」和の話

51o7gcR2XAL._SX230_

「もったいないばあさんのてんごくとじごくのはなし」
天国と地獄の人たちは、何が違うのでしょう?
自分さえ良ければと思わず分け合う気持ちがあれば、みんな笑顔でもったいないこともありません。良心の基になるお話。子どもたちには、もったいないばあさんこんなこと言ってたなと、いつか思い出してくれたらいいなと思います。「自分さえ良ければと思わず分け合う気持ちがあれば、平和な世界ができる」というのは、もったいないばあさんのワールドレポート展でもお伝えしているメッセージ。民族や宗教や言語や国が違っても、それぞれが大事にしているものをリスペクトし、共にいることを楽しめるようになればいいな。

もったいないは、感謝の気持ちと思いやり。マータイさんも、Mottainaiには、Gratitude(感謝の気持ち)と Respect(相手を大切にすること)がこめられているから、世界平和につながるのだとおっしゃっていました。

******

以下、もったいないばあさんからのメッセ—ジです。以前にも書いた「和」の話。

日本をあらわす「和」という言葉には、異なるものが出会って、違いがあっても一緒にいることを楽しむという意味がある。和の料理は、食材の一つ一つを大事にして、その良さを引き出しながら、全体を調和させる料理。そのために、昆布やかつおぶしの出汁が使われるんじゃ。和食は、食材の和を作る料理なんじゃよ。

人の和は、季節の行事やお祭りで、皆で集って食べることで作られてきた。食事は、ただお腹を満たすためだけのものではなく、習慣や作法を知ることで、こういうことを大事にしていくと、人と人との和が育まれる、ということを学ぶ場でもある。

世界の和を作るには、民族や宗教や言語や国が違っても、自分たちだけが正しい、自分さえよければと思わず、それぞれが大事にしているものを尊重して分け合い、違いがあっても共にいることを楽しめるようになればいい。

日本では昔から、今日も無事に命が生かされているのは有難いことと考えられてきた。私たちが生きていくためにいただく命、自然の恵みに感謝して、残さないように大事にいただく「もったいない」の心を私たちは持っている。食事の時に手を合わせて言う「いただきます」と「ごちそうさま」。自然を敬い人にやさしく感謝する心もまた、世界に伝え、 そして、日本の中でもなくさないように守っていきたいものじゃ。

******

私は、もったいないは、和の心そのものだと思っています。これからももったいないばあさんから、大事なメッセージを伝えていきたいと思います。

原画展&ワールドレポート展@ブックハウス神保町御礼

13396_624986174305114_1290577663506778695_n

ブックハウス神保町galleryには、いろいろな方が来てくださいました。
「かぼちゃものがたり(私のデビュー作)から持ってます」というおじ様や、
「真珠さんの本の中ではなないろどうわが一番すきです」と言ってくださるおじ様
(もしかしたら私よりお若いかも)も。。
そんなにたくさん私の絵本を読んでくださっているように全然見えなかったのでちょと驚いたり。
男の方がふらっと一人でいらして絵本を買ってくださること少なからず。
何をしておられる方なのか気になり伺っても、「いやただ絵本がすきなので…」とのこと。
絵本は子どもたちと女の人たちだけのものじゃないんだな―と思ったりして ありがとうございます。
そして、これまでにご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました!
もったいないばあさんシリーズ原画展&ワールドレポート展は5/11終了しましたが、
サイン本も作ってまいりました。遠方には郵送してくださるそうですので、
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。いろんな方と出会えてとっても楽しかったです♪
@ブックハウス神保町
http://bhjinbocho.exblog.jp/i11/ <たぶんここに追記される予定です。

もったいないばあさんフランスへ

2014年11月もったいないばあさんのフランス語版が出版されました。
タイ語、中国語、台湾語、韓国語に続き…
もったいないばあさんのメッセージを世界の人たちに伝えたいと思っているので、とてもうれしいです。

site-couv3D-MAM

Category: 絵本

dandan特集*もったいないばあさん10周年

講談社子どもの本通信「dandan」の最新号が発行されました。
10周年を記念して、もったいないばあさんの特集をしていただいています。


↑最新刊「もったいないばあさんの てんごくとじごくのはなし」の表紙と同じじゃよ。

もったいないばあさん10年のあゆみ
もったいことしてないかい?と言って、いろいろなところを見に行きました。
まほうのくにへ、江戸時代へ、もりへ、山へ、海へ、天国と地獄へ、そして宇宙にも…?
宇宙からの読みきかせ「もったいないばあさん」

ここには書ききれないほどいろいろなことがありました。
このHPのイベントページ、トピックスにはかなりまとまっているように思いますが、
起きたことすべてわかる年表みたいなのができればいいな。

 

**************

dandanに書ききれなかった、
もったいないばあさんにこめた思いをここにはりつけます。
よかったら読んでみてください。

息子が4歳の時に「もったいないから残さないで食べようね」と言うと、
「もったいないってどういう意味?」と聞かれて、うまく答えられなかったことがきっかけで
「もったいないばあさん」が生まれました。「もったいない」を言いかえる他の一言が見当たらず、
「この食べ物がテーブルの上に並ぶまでには、農家の人たちが、雨の日も風の日も田んぼや畑で
野菜やお米を作ってくれて…」と説明しようとしたけれど、4歳の子には長過ぎて、
途中で聞いていないようでした。そこで、読んでなんとなく意味がわかってくれたらと、
絵本を作ることにしました。今は大人も子どもも忙しくて「残してもいいから早くして」
と急かしてしまったり、物が壊れてもまた買えばいいと思うほど安いものがあふれていたり、
子どもたちが「もったいない」の意味がわからない生活をしているのかも…
ということにも気がつきました。私は母や祖母からもったいないと言われて育ち、
もったいないことをすると罪悪感があるけれど、それを子どもにもちゃんと伝えていかないと、わからないのだと。
昔ながらの知恵やものを大切にすること、自然といただく命、
作ってくれた人に感謝して残さないようにいただくことなど、これからも、
もったいないばあさんから大事なことを、わかりやすく伝えていきたいと思います。
最初の本の誕生から10年。「もったいないことしてないかい?」と言って
いろいろな所を見に行くもったいないばあさんは、今度は天国と地獄にやって来ました。
天国にも地獄にも、同じ大きなお鍋と長いスプーンがあります。違うのは、食べ方です。
自分さえ良ければと思わず分け合えば、仲良く笑顔になって、もったいないこともありません。
小さい子でも、絵本を読んで心で思うようになんとなくわかってくれたらいいなと思います。

これからも、もったいないばあさんをどうぞよろしくお願いいたします。

Category: 絵本

絵本ナビさんで特集インタビュー

絵本ナビさんの特集ページで
編集長の磯崎さんにインタビューをしていただきました。
新刊絵本「もったいないばあさんの てんごくとじごくのはなし」他、
シリーズの誕生からこれまでのことなど、
よかったらみてみてくださいね。よろしくお願いします!

シリーズ誕生10周年記念!『もったいないばあさん てんごくと じごくのはなし』真珠まりこさんインタビュー

Category: 絵本

「イカになあれ」ワークショップ

7/13(日)ブックハウス神保町さんで、
「イカになあれ」のワークショップ、「ぷかぷかイカさんのミニアクアリウムを作ろう」を開催しました。

…イカになあれは ふしぎなかがみ。
まえにたって 「イカになあれ」というと イカにかわります。
そして イカのくにに はいることができます…
もしも自分がイカになったら どんなイカになるでしょう?
そして イカの国で どんなことをするでしょう?
想像して自分のイカの世界を描いてみてください。

まずは、透明シートに油性ペンでお絵描き。それをはさみで切って
ペットボトルにいれます。水と洗濯のりの溶液をそそぐと、しゅわしゅわゆらゆら海の中。

 

 

みんないろいろなイカを考えてくれました。子どもたちの発想の新鮮なことには、いつも驚かされます。
これからももっともっと 想像の翼をひろげて
空想力をふくらませていってほしいと思います。

イヌイカ、ネコイカ、コンブイカ、あたまが食べものや飲みものになったイカ…
サメイカもいましたよ。

参加してくださった方が写真を送ってくださいました↑ありがとうございました!

この工作ワークショップは、7/27剣淵絵本の館でも開催します。
また、7/30には、宮崎県の佐土原図書館で大きな絵を描くワークショップがあります。
お近くのみなさま、どうぞご参加よろしくお願いします♪

 

Category: イベント , 絵本